この世界に生まれてきた意味

すこし昔の話。

子どもが「道に子猫がいて、カラスにつつかれていた」と真っ黒な子猫を拾ってきた。

 

子猫は、かなり衰弱していて鳴き声も弱々しく、すぐに動物病院に。

獣医さんは「厳しいかも」といいながら、すぐに体を温め、点滴をはじめてくれた。


f:id:hitimaru:20170519000159j:image

それから3日。

懸命な治療もむなしく、子猫は亡くなった。

獣医さん曰く「生後2週間ぐらいの子」だったそうです。

2週間…。

青い瞳に真っ黒なロングヘアの綺麗な子。

 

時々考えます。

この子はなぜこの世に生まれてきたのでしょう…。

この世に命を授かった意味は何だったのでしょうか…。

2週間の命…。なんの意味がある?

 

毎日、色んな命が生まれては亡くなっているこの事実。

なぜ?

そこに疑問をもつことは、出口のない迷路に入ること。答えを知ってるひとはいる?

 

でも確実に言えることがある。

それは、この子がちゃんと存在したってこと。

存在したから出会った事実。

命について、ちょっとだけ私に考える時間を与えてくれた。

 

それがこの子の生まれてきた意味なのかな。